債務整理とは

 債務整理とは、借金を減額してもらったり、支払いを猶予してもらったりすることで、借金の問題を解決することをいいます。
 債務整理の手続きには、大きく分けて、任意整理自己破産個人再生の3つの種類があります。
 借金問題を解決する場合に、どの種類の債務整理が適しているかは、借金の総額、現在の収入、保有する資産などにより、それぞれ異なります。
 任意整理、自己破産、個人再生のそれぞれの特色は、以下のとおりです。

任意整理

 任意整理とは、債権者と交渉することにより、借金額を減額してもらったり、返済期間を定めて月々無理のない支払額にしてもらったりすることで、借金の返済を目指すことをいいます。
 任意整理の場合、基本的には、借金の全額を分割で返していくイメージとなります。もっとも、弁護士を通じて債権者と交渉することにより、多くのケースでは将来利息がカットされるため、事案によっては、利息の負担を大きく減らすことができます。
 >>任意整理の手続きの流れ
 >>過払い金とは

自己破産

 自己破産とは、裁判所の手続きにより、「支払い不能」であると認めてもらった上で、原則として借金の返済を免除してもらう手続きのことです。
自己破産では、一定の財産を処分しなければならない一方で、裁判所から免責の許可を受けて確定すれば、借金の返済を免除してもらうことができるため、任意整理や個人再生と比較して、生活の立て直しに向けて、より強力なバックアップが期待できます。
 >>破産手続と免責
 >>免責不許可事由
 >>自己破産における同時廃止、管財事件
 >>同時廃止と管財事件の振り分けの基準
 >>自己破産における財産の処分
 >>自己破産における職業資格の制限

個人再生

 個人再生とは、裁判所の手続きにより、借金を大幅に減額してもらい、減額してもらった借金を分割して返済していく手続きのことです。
 個人再生では、住宅ローンの返済を続けて自宅を維持していくことができる場合もあるため、借金の大幅な減額という効果を得ながら、自宅も維持したいという方に特に適した制度といえます。
 >>個人再生における最低弁済額

 

トップへ戻る